【藤枝市民大洲プール】子供・幼児と遊べる室内プール

最終記事更新日: 2022年5月22日

夏の暑い日はプールに行きたくなるのですが、日差しの強い屋外のプールはなかなか日焼けが心配ですよね。

藤枝市で室内(屋内)のプールを探し、行ってきましたので紹介します。

藤枝市の大洲にも室内プールがある【大洲プール】

室内プールというと、焼津市民の私は、

  • 焼津ディスカバリーパークの水夢館

に行っていたのですが、藤枝市の大洲にも室内プールがあることは知っていました。

ホームページを見ますと、なかなか綺麗で魅力的に見えましたので、実際に行ってきてみました。

焼津ディスカバリーパークのプール「水夢館」より人気

大洲プールに行ってみると、実際人気がりますね。

子供たちや、若いお母さんたちもプールにいたりしました。

焼津の水夢館よりどこら辺が人気なんでしょうか?

半分日差しが入るちびっこプールが魅力

私が魅力的に感じたのは、半分日差しが入るちびっこプール。

これを見て、子供を連れて行ってみたいと思いました。

  • プール
  • ちびっこプール
  • 幼児プール
  • ジャグジー
  • ウォータースライダー

と複数あり、新しめの写真から行ってみたいと魅力を感じました。

オムツが取れていなくてもプール用おむつ着用で幼児もプールに入れる

以前は、2歳以下の子供や、3歳以上でもオムツが取れていない子供はNGだったと思うのですが、

今は、オムツが取れていない子供でもプール用おむつをしていればOKとなっていました。

大洲プールの入り口で、プールのチケットを購入し、管理している人たちに渡すときに、

  • オムツをしているか
  • オムツをしていないか

聞かれました。

大プールは4歳以上から遊べる

逆に、大プールには4歳以上からでないと入れませんでした。

3歳以下の子供は、ちびっこプールか、幼児プールで遊ぶ必要があります。

大プールの水深は1.35メートルで、

子供が自由に遊べるコースは、

ドーナツ浮き輪・ヘルパー

は持ち込みOKです。

ただ、小学2年生以下の子供には、親が一緒にいないと大プールで遊んではダメとなっています。

ウォータースライダーは身長120cm以上になってから遊べる

大洲プールには、ウォータースライダーもあるのですが、やはり大洲プールも

子供の身長が120cm以上

ないと、遊べない身長制限がありました。

メガネをしたままプールの中に入ってはNG

メガネの着用は、プールまで持ち込んでも良いのですが、プールの水の中に入るときは、プールサイドに置いてメガネを外して入らないと注意されます。

プールの管理人も焼津より多い印象ですね。

レジャープールではないために、メガネはNGのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。