リユースショップ「セカンドストリート」に不用品を売ってみた体験談

2017年5月に青島焼津街道沿いに、リユースショップ「セカンドストリード」がオープンしました。
藤枝ゆう遊空間の跡地ですね。

セカンドストリートは静岡市などにあるようですが、不用品を売ったり、中古品を買ったり出来るお店です。
実は、捨てようと思ていたいろんなものが家にありまして、「どうせ捨てるなら売ってみようか」と思い、セカンドストリートに持ち込んでみました。

「セカンドストリート」に不用品を持ち込でみた結果。藤枝店

「セカンドストリート」に捨てるつもりの不用品を持って行った結果、

なんとお金になりました!

0円が3千円弱になったんです、これは嬉しい!
その経緯を紹介します。

当初はセカンドストリートをただ覗きに行きました。様子見

セカンドストリートが藤枝にオープンし、当初は物珍しさにお店に中古品を見に行ったわけです。
すると、お店前の駐車場にひっきりなしに車が入ったり出たりしていて、意外と不用品を売りに来ている人が多くいたんです。

  • オープン記念で買い取り額20%アップと
  • 洋服も売れる

という点から「これはウチも不用品を売ってみようか」とものは試しに家に不用品を整理しに帰りました。

私の印象では、リサイクルショップではあまり服は売れない印象でしたが、セカンドストリートでは使われた中古の服もたくさん売られていました、意外でした。

不用品を買い取りカウンターに持ち込む

家に帰り、不用品を急いで整理し、他のお客さん同様「買取カウンター」に不用品を持ち込みました。
荷物が多い場合、買取カウンターを訪ね

「ものを売りたいんですけど?」

というと、店員さんが車までついてきてくれて荷物を運ぶのを手伝ってくれたりします。
もちろん、手で運べるレベルならば、そのまま手に持ち買取カウンターに持ち込めば良いです。
大きな物の場合は、出張買取もしているようです。

ポイントは不要になった中古スーツも売りに出してみた

今回、ポイントだったのはスーツを売りに出してみたことです。
スーツは買い替え時にスーツ屋に持っていくと割引されたりするのですが、今回は買い替えタイミングもなく中古スーツとして売ってみました。

後で書きますが、結果的には値段が付きました!スーツ。

買取計算のために2時間の結果待ち

買取カウンターに持ち込む人が多い上に、持ち込んだ十数点の不用品をすぐに買取金額(買取見積もり)が算出されるわけもなく、

「今は、混みあっていて2時間待ちですが良いでしょうか?」

と言われました。

  • 受付番号のレシートをもらい(上の写真)
  • 終わったら連絡をもらう電話番号を伝え

家に帰りまして、連絡を待ちました。

買取見積書が出来たと電話連絡をもらう

家でゆっくりしていましたら、2時間する前にお店から計算が終わった連絡をもらいました。
22時まで営業していることを聞いていましたので、営業時間内でセカンドストリートに再び行きました。

買取カウンターで手続き。運転免許書、お金をもらう

 

買取カウンターに電話連絡をもらったことを伝え、レシートを渡すと、見積もり金額を教えてくれました。
この金額は今回売る時だけの金額で(買取金額20%アップもありましたし)、売るか・売らないかの回答を求められました。もちろん「売る」と答えました。

そのあと、

  • 名前や住所、電話番号を書き
  • 身分証明で運転免許証の提示を求められ、番号を控えられ

最後に、売ったお金を現金でもらいました!臨時収入ですね。

  • 売れたもの、金額が付いたもの

ちなみに、今回不用品を売って高値がついたものは

  • スーツ
  • 家電(電話)

といったものでした。
今度、買取値にくらべ売値を見に行ってみたいと思っていますがたぶん、買取値は売値の4分の1くらいの金額なんだろうと予想しています。
捨てるつもりの中古スーツが400円で売れてうれしかったです。

  • 買い取れず返却されたもの

  • 造花
  • 会社名が入った製品(宣伝的な非売品)

は売れないということで、返却されました、、、なるほど。

また何か不用品がたまったら売りに行ってみたいと思いました!セカンドストリート。


静岡県藤枝市小石川町3丁目1−27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です