市町村の結核・肺がん検診にはボタンが付いていない服で

40歳になると、どこの市町村でも無料で肺がん検診は行われているようなのですが、肺がん検診での準備ポイントは

質問票を書い持ってていく

ついつい忘れてしまいがちですね。
受診券だけもって会場に行きがちです。
大した質問はないので、書いて持っていきましょう。

ボタンやプリントのないTシャツで行く

ポロシャツとかでもNGでした。

会場では
「肌着一枚になってください」
と指示されます。その時、ポロシャツだと
「ボタンがあるので、全部脱いでください」
と言われてしまいます。

あとは夏なんで非情に暑いですよね

夏は非常に暑いし、場合によっては検診車のため外待ちになります。
空いているタイミングを狙って行く・行けるのが良いですね。

以上、結核・肺がん検診へ行くときのポイントですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です