鉄道忘れ物市2019、電車内で忘れたものが売られるイベント

静岡県焼津市で、鉄道忘れ物市が行われていました。
焼津市のイオン内で開催されていて、興味深かったので見てきました。

ワクワクして見ましたが、意外とお値段が高かったです。

電車内の忘れ物と言うことは、もともとタダのものが売られているわけですから、きっと安いだろうと思いながら見に行ってきたのですが、
想像より高くて驚きました、、、

金額的にはリサイクルショップ並みの中古の値段イメージ

安ければ買いたいな、と思ってトートバックを見たのですが・・・

お値段が700円とか、、、

正直、本当にただの布のトートバックなので「100円200円かな」というイメージで見てましたら700円ということで驚き、、、これなら新品買いたいくらいです、、、

水筒とかも売られていましたが誰のかもわからない不気味さ

鉄道忘れ物市では、水筒とかも売られていました。
でも、大丈夫だとは思いますが、よくよく考えると誰の忘れ物かもわからない不気味さ、、、
中古屋さんは、売りに来る身元がまだわかっているハズですが、忘れ物は誰のかも一切身元がわからないわけですからね。

さらに、お値段が千円弱と、、、意外と高く、少し足せば新品が変えるお値段でしたので、
これなら「私なら(水筒は間違いなく)新品を買うかな」と思いました。

鞄やリュックも売っていました

鞄やリュックも鉄道忘れ物市で売られていましたが、
不思議と、

  • これは古びていて忘れ物っぽいなと思うものと
  • これは新しめですが本当に忘れ物なのかな?5千円で売られているけど、、、

といったものがありました、鉄道忘れ物市・・・不思議。

傘とかはザ・忘れ物っぽいですけど

もちろん「これは電車の忘れ物ですね」といった傘とかも売られていましたが、
8割程度は忘れ物っぽい商品でしたが、2割程度は「このコーナーは鉄道忘れ物市なの?」と思う商品もありました。

以上、結局何も買いませんでしたが、興味深い鉄道忘れ物市でした。

「鉄道忘れ物市2019、電車内で忘れたものが売られるイベント」への2件のフィードバック

  1. 東大阪近鉄布施の近鉄百貨店忘れ物市でも同じですよ(笑) こんばんは。久々におじゃましています。いろいろ記事ありがとう。ゆっくり拝読させていただきますね。さて、忘れ物市。いいもんはありませんでしたか。あの忘れ物市、どさくさ紛れに忘れ物とは無関係な品物をよく置いています。東大阪近鉄布施の近鉄百貨店忘れ物市では新品のCDラジカセが置いていました。こんなもん忘れ物ではないでしょうに(笑)店側も売れればもうけもんと考えていますので、こういうタイミングでものを売ろうということです(いわゆる在庫処分)。焼津のイオンですか、ここ、ほとんど行かなかったねえ。うちは昨年3月まで焼津駅前在住で普段の買い物はもっぱらピアゴ大覚寺やバロー小土、ときどきアピタ静岡石田(登呂遺跡近く、静岡駅南)、アピタ島田までクルマで行きましたので焼津のイオンはあまり行くことがありませんでした。ここはマクドナルドがあるのでよかったんだですけどね(笑) 鉄道忘れ物は誰のものかわかりませんね。古本に持ち主の鼻くそがついていたのを見たことがあります(笑)レアなカセットウオークマンが忘れ物市で見つかってもメンテナンスができない。メーカーが部品対応できないんです。だからメンテナンスもできない。東京の秋葉原や大阪の日本橋にあるメンテナンス専門の店ぐらいでしょうね。焼津ではこういうメンテナンスができる店はありません。私は簡単なカセットウオークマンのベルトぐらいならメンテナンスしますが、めんどくさい。まあ、忘れ物市では見るだけが一番楽しい。購入しても中古ですからメンテナンスは自分で。メンテナンス代が品物よりも高くつきますね(笑)

    1. >悦世さん

      残念ながら、欲しいものはありませんでした^^;
      そうなんですね、そんな感じも少ししていました(どさくさに紛れて)。
      しかし、それも含めて欲しいものはなかったのですが^^;
      悦世さんは、良く行かれていたのはスーパーかアピタだったのですね。
      島田のアピタは良いですよね^^私も時々行きます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です