藤枝市の蓮華寺池公園ではコロナウィルスの影響で水遊びは中止

まだ、暑いですねー。
ただ、コロナウィルスの巣ごもり影響で正直、運動不足です。
とは言いましても、夏場の昼間は暑すぎで運動する気にもなりません。。。

なので、夕方に藤枝市の蓮華寺池公園に散歩に行ってきました。

コロナウィルスの影響で蓮華寺池公園の水遊び場は禁止になっていました

焼津市の清見田公園でも同じですが、
藤枝市の蓮華寺池公園でも、水遊びは使用禁止になっていました。

また、この機会に、藤枝市蓮華寺池公園の滝の広場は藤棚を新しくする工事をしているそうです。
藤枝市の蓮華寺池公園は今でも良いですが、さらに進化するんですね!

夏場の夕方の藤枝市蓮華寺池公園の風景

何か少し良い雰囲気の写真が撮れました^^
こうしてブログを書いていますと、地元の雰囲気がわかる綺麗な写真がとれたらと、少しカメラにも興味が出てきたりします。


〒426-0014 静岡県藤枝市若王子1丁目1−12

「藤枝市の蓮華寺池公園ではコロナウィルスの影響で水遊びは中止」への3件のフィードバック

  1. きれいな写真ですね。美しい。カメラに興味があることはすばらしいことですよ。こんばんは。 ようやくこれました。コロナ絡みで出社数は減少しているのですが、家のこととかその他いろんなことがたくさん。ネットに接続する時間がない。また、うちの子はコロナ絡みで週の半分います。料理学校もパソコン使ってやるということで。それにしてもきれいな写真。美しい。心和みますね。 水遊び禁止は仕方ないですよ。今年は平塚などでの海水浴も禁止ということで。コロナ絡みの制限は天井知らずに増えていくだけです。大手のホンダでは通勤手当は定期をやめて都度請求に変わるとのこと。うちも大手ですがいずれ定期をやめて都度請求だとちょっと(笑) ブログ更新マメですね。すばらしい。私は手書きの日記はマメに継続していますがどうもパソコン使って何かをやるいうことがめんどくさくてね(笑)読書は大好きですが紙の本だけですし。佐々木基一という昔の物書きの人の本に最近は夢中でしてね。もともとネットより本のほうが好きなので隙間時間はたいがい佐々木の本ばかり。仕事でパソコン使っているので家であまり使いたくないんです(笑)子どものときから目が悪いのでメガネもあります。最近は電車でスマホも携帯も見ないので本読むか寝てますね。いつも(笑) ここのブログが紙の本なら購入して毎日読むのに。紙の本が落ち着くんです。なぜか。仕事先で隙間時間があればマクドナルドの百円コーヒだけ頼んで本読んで休憩することもあります。紙の本、おもしろいですよ。ブログを手書きしてそこからパソコンで打ち込むと文章が見渡せて確実性が増します。文章修行は最初は手書きからたいがいはじめますので、これは新聞記者なんかも同じですね。 安倍さんがやめられましたね。病気ということで仕方ない。長らくお疲れ様でした。菅さんが時期首相有力ということですが、どうですかね。うちの地元の麻生さんは首相にはならないようです。地元福岡飯塚の大先輩。ちょっと残念ですけど(苦笑) また楽しい記事よろしくお願いいたします。たくさん更新されているようなのでスルメのように時間をかけて楽しませていただきますね。ありがとう( ´ ▽ ` )ノ

    1. >悦世さん

      綺麗な写真が撮れました。
      カメラに興味は無かったのですけど、少し興味が出てきました^^
      私も紙の本を買うのが好きでしたが(小説とかは読まないですけど)、最近はかさばらなく邪魔にならない電子書籍が多いです。
      家でも本の置き場所があまりないので、、、

  2. あと。 久々に3k新聞をのぞいて見ました。また仕事やめているみたい。他人事ですけど(笑)うちの会社でもこれでは採用できないですね。そもそも募集なんかしてませんけど(笑)ブログ収入だけで生活できるというのはある意味天才ですが、こういうものは水物ですかからね。やっぱ会社できちんと働いて収入を獲ないと(40歳ぐらいで理由のない非正規はやっぱダメ)。私は二十歳で独立していますので新聞の人みたいに悠々自適なことはできなかったですね。子どもを持つとわかります。仕事簡単にやめられませんから(笑) ネット書き込みの規制が厳しくなりそうです。遅いぐらいですね。ネットいじめとかでたくさんの人が苦しんでいる。新聞の人も他人から厳しい書き込みが多いですが、これもネットいじめでしょう。ここのブログのように和気あいあいとしたものが一番楽しい。あちらはあまり見たくないです。なのでここだけ来ていっぱい楽しみます。 これからも楽しい記事更新、末長くよろしくお願いいたします(* ´ ▽ ` *)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です