流れるプールが流れていない?なぜ流れるのか仕組みがわかった

最終記事更新日: 2022年6月14日

静岡県焼津市の青峯プールは、流れるプールとして有名ですよね。

そんな流れるプールに遊びに行きましたら、流れるプールがほとんど流れていないことがありました。

こんなことってあるんですね。

その日は流れるプールにお客さんはいませんでした

この日は、夏ですが雨上がりで天気も悪く結構寒い日でした。

さらに、16時前という時間で、私達以外のお客さんもいたみたいですが、ちょうど入れ違いで帰ってしまいました。

良い意味で言えば、私たち家族だけの貸し切り流れるプール状態でした。(お客さんが来ないだけあり寒かったですが^^;)

流れるプールに入りますと

「あれ?流れるプールが全然流れていない」

と、すぐに思いまして、

もしかしたら「お客さんが少ないから電気代節約で流水を弱くしているのでは?」と疑ってしまい、プールのプール員さんに流れを弱めているか聞きました。

例えば、流水が出るポイントの数を半減しているとか、も疑いました。

流れるプールが流れる仕組みは「人の流れ」

プール員さんに、聞いたところ、答えは「いいえ」で、

「流れるプールの流水は弱めていないです。いつも通りです。」

ということでした。

引用:https://www.homemate-research-pool.com/useful/15921_sport_082/

青峯プールの流水口も、まさに上の画像の場所と同じように思えました。

なんで、流れるプールがこんなににも流れが弱いのか理由を不思議に思い、プール員さんと話をしていましたら、

実は流れるプールの流れの大半は人の流れが作っている

とのことでした。

もちろん流水があるが、流水による流れの力だけでは流れは弱く、

それに沿って動く人の流れで、流れるプールが流れるようになるんですね。

初めて知り、とても驚きました。

つまり、流れるプールで遊びたい場合は、お客さんがいっぱいいる時に遊びに行ったほうが良かったんです。

焼津市青峯プールの情報

焼津市にある青峰プールの情報です。

私が、小学生の頃からある古いプールですね。

料金は、

  • 大人300円
  • 小人150円

と、とても安いプールです。

ただしとても古かったり、ちょっと汚かったりします(プールも)^^;

一回の遊泳時間は、だいたい2時間までで

営業時間は、

  • 土曜日・日曜日・祝日と学校夏季休暇中は、午前9時~午後5時
  • それ以外の日は、午後2時~午後5時

雷がなっていたりしない限りは、基本雨でも営業しているみたいですが、

お客さんが少ないと、17時より前に終了してしまうこともあるようです。(この日も16時半までと言われました)

〒425-0033 静岡県焼津市小川3812−10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。