名探偵コナン「ハロウィンの花嫁」を見てきました

小学生の子供が、やはり名探偵コナン好きでして^^;

藤枝Biviの映画館に、名探偵コナン「ハロウィンの花嫁」の映画を見に行ってきました。

土日の朝一に映画を見に行ってきましたが、映画館の中は空いていましたね。

コナン「ハロウィンの花嫁」はロシア語が出てくる

今、ニュースではロシアとウクライナの戦争の話題がもちきりですけど、

名探偵コナンの映画も、まさかの

ロシア

繋がりでした。

「プラーミャ」とはロシア語で意味は「炎」

今回の映画でコナンの敵は、この「プラーミャ」という爆弾を操り、また身のこなしも早い単独テロ犯でした。

プラーミャは、ロシアを拠点に活動する謎の殺し屋で、

プラーミャの意味は、ロシア語で意味は炎。

爆弾だけに、ですね。

そして、犯人は今回の映画はいろいろ考えるとわかりやすかったですが、ネタバレになるのでやめておきます。笑

「ナーダ・ウニチトージティ」とはロシア語で意味は「息の根を止めねば」

テロ犯のプラーミャによって、家族を失った人たちで結成されたロシア人組織。

コナンを助けてくれる、エレニカがリーダーをやっている組織です。

その名前「ナーダ・ウニチトージティ」のロシア語での意味は、

「(プラーミャの)息の根を止めねば」

ロシア語で日本人にはわからないですが、なかなかの直接的な名前で驚きました。

この人たちが、ハロウィンの花嫁の映画で中心となり、今回は夜の渋谷警察署付近を舞台に、また大変なことになっていました。

藤枝Bivi映画館に自動発券機がある

藤枝Biviの映画館に、自動発券機がありました。

クレジットカードでも購入できましたが、事前にネットで購入していった方が楽ですね。

ネットで予約購入した人はQRコードを入場口でスキャンして入場

事前にネットで予約購入した人には、メールでQRコードが届きます。

そのQRコードを、映画館入場口の店員さんにスマホごと渡せば、スキャンしてくれまして、映画に入場できます。

便利なシステムですね〜。

ドライバーズ割引の駐車場代と駐車券の提示は

http://www.cineprego.jp/fecp_page03.html

ドライバーズ割引した場合、映画館入場口で駐車券がチェックされるかな?と思ったのですが、駐車券のチェックはされませんでした。

また、

駐車場代が安くなることはない

(上の画像の説明)ので、ドライバーズ割引は昔ほど割引されず、

実質200円割引

でした。

(大人1,900円-ドライバーズ割引1,400円-駐車場代300円=200円)

実際は駐車場代は300円でした。(最初の60分が無料だったからですね)

シネ・プレーゴカフェは現金支払いのみ

私は、極力映画館内では食べ物や飲み物を買わないようにしていますが(お値段が高いので)、

子供が誘惑に負けてしまうことが時々あります。そして、その子供の誘惑に親も負けてしまうような^^;

藤枝Biviの映画チケットはクレジットカード支払い可能でしたが、食べ物や飲み物は残念ながらまだ現金支払いのみでした。

最近では、フライドポテトとかもあるんですね〜。

「名探偵コナン「ハロウィンの花嫁」を見てきました」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。