格安SIMのLIBMO(リブモ)は昼間は非常に遅い

私は、スマートホンを格安SIMに変えて携帯代金を安くしています。
月額1万円弱でした携帯代金が、月額2千円程度となっています^^

格安SIMにはマイナーですが地元企業のLIBMO(リブモ)を使用しています。
使い始めた当初は、あまり気になりませんでしたが、最近、

平日昼間(12時~13時)は非常にインターネット速度が遅い、速度制限と同程度に遅い

と感じています。

どうもこれが、格安SIMの宿命みたいですね、、、
お昼休みに、みなさん一斉にスマートフォンを使うのでしょうかね。

実測、平日昼間のインターネット速度

平日の昼間、PayPayやTポイントを使用しようとした時に、スマホの非常にインターネットの速度が遅いと感じまして、LIBMO(リブモ)のデータ残量を確認してみました。
パケットのデータ残量は、残っていまして、通信速度制限も「なし」を確認しています。

その状況で、昼間にインターネットの通信速度を実測してみましたところ、

140Kps

でした。

LIBMO(リブモ)の通常時のインターネット通信速度は3Mbps~5Mbps程度

普段の格安SIMリブモのインターネット通信速度も比較で計ってみました。
すると、

3MBps~5Mbps

程度でした
実際、お昼時間以外は、大手キャリアから格安SIMに変えましても、ほとんど違いが無いと言いますか、ほとんどストレスを感じることはありませんでした。
(大き目のアプリをダウンロードインストールしたいときだけ遅いと感じましたが)

データ残量を使い果たして通信速度制限が起きた時のインターネット通信速度

ちなみに、月末になりますと時々、データ残量が無くなりスマホの通信速度制限が発生してしまうことがあります。
LIBMO(リブモ)の通信速度制限は128Kbpsですが、実測してみますと

実際、確かに128Kbps以下でした。
当然、インターネット接続が遅いと体感します。
しかし、平日の昼間も140Kbpsで、通信速度制限がかかっている時とインターネット通信速度と同じくらいなんですよねー。

この平日昼間のインターネット速度以外は、あまり不満は無いのですけどねー、、、携帯料金の月額が安く済んでいますので、昼間は我慢するしか無いですね^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です